636993
Content-type: text/html; charset=shift_jis Abroad-海外で教える(平成29-31年度用)

Abroad-海外で教える(平成29-31年度用)


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [過去ログ] [ワード検索] [留意事項] [管理用]

記事No 620
タイトル 派遣国到着一月
投稿日 : 2019/04/29(Mon) 03:33:37
投稿者 N@H31シニア派遣者
参照先
一月がたとうとしています。

着いてからはやることが怒濤の日々。欧州地区ですが、着いたのが金曜日。その日はお世話をしてくださる先輩先生の家族の方が、夕飯を作っていてくださいました。

翌土曜日は買い物の日。この国では閉店法があり、日曜日は買い物はできません。お世話係の先生に連れられて、まずはスマホ用のSIMカードを買い、その他日用雑貨の買い物です。

日曜日。家主が拙宅を訪れ、傷等の確認です。このときに家の傷に見落としがあると、家を出るときに、傷の代金を請求されても払うしかありません。この国では、このようなことに結構厳格です。

月曜日。初出勤です。いろいろな説明がありますが、時差ぼけもあり、あまり頭に入りませんでした。

中学生ですが、教科時数22時間で担任です。10日が着任式・始業式で、12日が入学式です。 

火曜日。住民登録が家主のサインをもらうことで完了しました。妻の住民登録も必要ですが、不動産屋は手数料に約6000円を要求。新赴任の同僚はみな頼んだようですが、うちはシニア派遣で金が無いため自分たちですることにしました。

金曜日。銀行口座の開設です。口座が開設されないと文科省から給与の振り込みができません。それだけで無く、VISAの申請も、インターネットの申し込みもできません。

当地の物価は高いです。公共トイレの利用に50セントから1ユーロかかります。ガソリンは1L190円くらい、レストランで水を頼むと400円くらいです。給料29万3000円の平シニア派遣教師にとってはつらいです。日本食は3倍くらいの価格です。カレーのルーは4.5倍の値段です。市内電車の片道が290円くらいでしょうか。

銀行口座でひともめして、結局、別銀行で口座を開くことになりました。しかし、口座ができたので、インターネットを申し込むことができます。うちはテレビも何にも無いので、本当に静かですが、妻は寂しくて仕方ないようです。しゃべる相手も無く、ネットも無いのでやや鬱状態だったのですが、ネットが使えれば少し解消できます。

思いつくままに打ち込みました。何かの参考にしていただければ幸いです。

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
画像UP
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー


- 投稿記事修正/削除フォーム -
処理 No 暗証キー

- WebForum -