636995
Content-type: text/html; charset=shift_jis Abroad-海外で教える(平成29-31年度用)

Abroad-海外で教える(平成29-31年度用)


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [過去ログ] [ワード検索] [留意事項] [管理用]

記事No 627
タイトル Re^2: 派遣国到着後三ヶ月
投稿日 : 2019/07/14(Sun) 04:19:25
投稿者 N@H31シニア派遣者
参照先
一月ほど前の夕食中に、妻の奥歯の銀冠がポロッととれました。あわてて翌日、日本人通訳のいる歯医者へ予約を入れました。
治療は無事に終わりましたが、請求書は389ユーロでした。おまけに虫歯が2つほどあると指摘され、6日前に再受診しました。医者の治療計画を聞いていた妻は、通訳に質問しました。「これって100万以上かかりません?」
通訳も同意し、日本人学校のことをよく知っている通訳さんが、今年度は30万の範囲で治療を進めるよう、歯医者と交渉して下さいました。
少し説明が要ります。健康保険はないので全額自費治療ですが、文科省で強制的に入らされた医療保険があります。(掛け金はうろ覚えですが、月に現役8600円前後、シニア11600円前後です)。これにより自己負担の3割を除いた7割に保険が下ります。ただし、通常の病気は上限が100万、歯科は30万が上限なのです。もし違っていたら、どなたか正確にご存じの方、訂正をお願いします。
ともあれ、歯科は上限が30万なので、その範囲で治療しようということです。シニアでの派遣を考えている方、歳をとると、医療代に金がかかりそうなので、ぜひこまめに歯の手入れをされることをお勧めします。

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
画像UP
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー


- 投稿記事修正/削除フォーム -
処理 No 暗証キー

- WebForum -