637008
Content-type: text/html; charset=shift_jis Abroad-海外で教える(平成29-31年度用)

Abroad-海外で教える(平成29-31年度用)


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [過去ログ] [ワード検索] [留意事項] [管理用]

記事No 586
タイトル 筑波研修との比較や研修者の内訳
投稿日 : 2019/01/26(Sat) 14:52:40
投稿者 N@H29シニア受験者
参照先
 以前の筑波研修に比べると、時間や拘束がゆるく感じられ、生活しやすくなっていました。
 情報としては3つ。一つは、31年度より高校教員からも在外教育施設派遣者を募集するとのことです。
 二つ、平成31年度のシニア派遣者は@校長 98人/135人 A教頭 33人/67人 B教諭 150人/1098人 だそうです。(研修資料p329より引用)
 三つ、在勤手当ての大幅引き下げが判明しました。小生(シニア教諭)の場合、昨年末の文科省資料より月額で約9万円の減収となります。また校長と教頭の収入が同一となりました。

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
画像UP
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー


- 投稿記事修正/削除フォーム -
処理 No 暗証キー

- WebForum -