636991
Content-type: text/html; charset=shift_jis Abroad-海外で教える(平成29-31年度用)

Abroad-海外で教える(平成29-31年度用)


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [過去ログ] [ワード検索] [留意事項] [管理用]

記事No 614
タイトル 赴任先へ送る荷物(単身:ヨーロッパ地区)
投稿日 : 2019/03/10(Sun) 07:15:18
投稿者 たけ@30年度文科省受験者
参照先
赴任先へ送る荷物についてささやかですが投稿します

今年度は、オリセンの際に二社から航空便、船便、アナカンの説明がありました。
私の場合、単身、ヨーロッパ派遣ですが、船便を使うと、1番コンパクトで安いもので11万円との見積もりでした。
航空便やアナカンだと、もっと高くなります。
国によっては、金額の資料に間違いがあったり、交渉して安くなったりといろいろでした。
船便は安いのですが、ネックは集荷されるのが三月の初旬であり、また、荷物が届くまでに数ヶ月かかるということです。

他の方法としては受託手荷物です。
飛行機に預ける荷物のことですが、通常は国際便ですと23キロが二つ預けられます。
(国や航空会社によって少し変わってきます)
しかし、在外派遣者は特別に23キロを四つまで預けることができます。
また、預ける際には、自宅まで業者が集荷に来てくれ、派遣先の空港で、受け取れるサービスもあります。
つまり、約92キロのものが運べるのです。
これは搭乗する1人につき四つなので、搭乗人数が、多ければそれだけ個数が多くなります。
さらに、個数が超過した場合でも、一つにつき2万円で、預かってくれます。

このサービすは、派遣先から送られてくる手引きを読むと、毎年行われているようですが、オリセン当日は明言されず、確定したのは、三月の初旬でした。

私の場合は、荷物を全てダンボールで、運ぶ事にしました。
持っている大きいスーツケースは、それ自体が重いからです。
また、四つでは足りず、超過料金を払い、六つ預ける予定です。

荷作りのために、一月から準備をしてきたものの、いざとなると、なかなか難しく、また、引越しや成績処理の時期とも重なり、かなり大変です。

以上、荷物について報告しました。
長く、また分かりにくい文章をお許しください。

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
画像UP
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー


- 投稿記事修正/削除フォーム -
処理 No 暗証キー

- WebForum -